体臭の効果的な改善方法はある?効果的な方法とは・・・

汗がクサイ!体臭の対策方法は?

サラリーマン体臭

汗臭いという原因は身体から汗が出てその水分と皮脂を使ってバクテリアや雑菌が増殖し引き起こされるのが原因です。

 

バクテリアやや雑菌を身体から無くしてしまえば・・・とも考えてしまいますが

 

常駐菌と言われる雑菌やバクテリア自体を身体から消すということは不可能ですし、もし出来たとしても私達の身体を守ってくれることもしてくれているのでいなくなってしまえばそれはそれで身体にとってよくありません。

 

バクテリアや雑菌を増殖しにくい環境にしてやればニオイの元を断つことが出来るようになります。

 

具体的にどういった方法が効果的なのか調べてまとめていきます。

 

 

汗をかいたら拭きとってやる

汗は体温調節に必要な物なので出ないようにしてやるというのは逆に身体にとって良くないそうです。
汗が出なければ病気の原因になったり、夏には熱中症になる恐れもあるので汗をかいたら拭きとってやるのが1番

 

汗をかいたらタオルで拭きとってやるのがいいのですが汗腺から皮脂も溶けて出てくることもあるそうなので、出来れば水で濡らしたタオルで身体を拭きとってやるのが1番効果的なんだそうです。
他にも汗の量が多い場合は思い切って服を着替える、シャワーを浴びるなどして汗を流してやることも効果的です。

 

普段食べているものを見なおしてみる

体臭は汗による雑菌の増殖ともう一つ食べ物によっても引き起こされます。
例えばお肉ですが、食べると胃に運ばれて栄養を吸収しようと身体が消化をするのですが、この時にくさ〜い臭いを肉は出します。
タンパク質や脂質が分解されるときに出る臭いです。

 

これは普通なら腸で処理されて身体から排便されるのですが(トイレがクサイのは食べ物のせいです。)腸で分解される量の限界を超えた量が身体に入ってくると臭いはそのまま血液に入り体全体を回ります。
そして汗と一緒に外に臭いが放出されるようになっているのです。身近なところで言えばお酒とかそうですね。深酒した日の次のには汗がクサイというのはアルコールを分解するときに出るアセトアルデヒドが排尿だけで出し切ることが出来なくて身体から出てくるから深酒した次の日はクサイということになります。

普段食べている食事で特にクサイ原因になる食べ物はタンパク質が多いものや脂質が多い食べ物、お肉や揚げ物等です。
和食中心の食事にしたり、バランスの取れた食事を意識していくだけで身体から出る臭いは軽減されるようです。

 

消臭スプレーを使って雑菌やバクテリアのニオイの成分を消してしまう

香水やデオドラントスプレーじゃなくて、体臭や加齢臭に効果的な消臭スプレーを使ってニオイの元を取り除くという方法もあります。
どうしても香水やデオドラントスプレーだと雑菌の増殖によってニオイの成分が作られてしまうので香水の香りとニオイが混ざってキツイ臭いになることもあります。
混ざってもわからないぐらいにするには香水の量を増やすしか無いのでそうなると香水が悪臭になってしまうことも・・・

 

無臭タイプのスプレーで体臭の元になる臭いをシャットアウトしてくれるスプレーもあるのでそれを使って対策するのも効果的です。
有名な消臭スプレーではヌーラというスプレーがあります。

 

体臭に効果が高いと言われている石鹸を使う

汗が出る毛穴の中にも皮脂はあるので汗と一緒に流れ出てくることがあります。
そうなるとバクテリアや雑菌の栄養になって増殖する格好の餌場になってしまうので皮脂をしっかりととってくれる洗剤や雑菌やバクテリアの繁殖を抑えてくれる抗菌作用の高い石鹸を使うと汗が出ても臭いが出にくようです。

 

最近日本の大学で発見された体臭や加齢臭に効果がある柿タンニンがとても効果的で、柿タンニンが入っている柿渋石鹸が体臭や加齢臭を防止してくれます。