クサイ!と言われる体臭の原因は?どうしてクサイ臭がしてくるの?

クサイ!と言われる体臭の原因は何?

若者体臭

クサイと言われる体臭には加齢臭もありますが、加齢臭を除いて体臭だけで見てみると体臭の原因になっているのは汗が原因と言われています。

 

汗は汗腺と言われる皮膚の中から出てきて体温を調整してくれるのですが、その時に出た水分と皮脂が混ざり合うと皮膚に住んでいるバクテリアや常在菌と言われる雑菌が汗を栄養分として増殖、分解していきます。

 

分解したあとに出来る成分がクサイといわれるニオイの元です。

 

汗クサイといわれるのは汗がクサイのではなくて、汗が出た後にバクテリアや雑菌によって分解された成分によってニオイます。

 

 

汗だけのニオイ、分解されたニオイ

皮膚

私達の体には汗腺と言われる部分から汗を出すのですが

 

汗腺には2種類あり

 

  • アポクリン腺
  • エクリン腺

 

という2種類の汗腺によって汗が出てきます。

 

 

アポクリン腺

アポクリン腺はワキや陰部の周りに多くある汗腺で少しネバっとした汗を出します。
水分の他にもタンパク質や脂質も含まれていて、汗自体からもニオイを発散しています。一般的にワキガと言われる原因はアポクリン腺からの汗
汗自体からもニオイを出すし水分が雑菌やバクテリアによって分解されるとニオイが混ざりさらに強いニオイを出すと言われています。
一般的には男性のほうがアポクリン腺からのニオイはキ強いという研究結果もあるようで、動物のフェロモンに似た役割を持っているのではないか?と言われています。

 

エクリン腺

エクリン腺は体中にあり、手のひらや足に多いと言われる汗腺です。99%水分で作られている汗でものすごくさらっとしています。
99%水分で作られているのでほぼニオイがすることはないのですが、汗が出た後に常在菌と言われる雑菌やバクテリアが水分と皮脂によって増殖、さらには汗が分解されてニオイが出る成分が作られていきます。

 

汗が出てない状態だと水分がないのでバクテリアや雑菌は増えるということはありませんが、汗の水分と皮脂が混ざるとそれを栄養にして一気に増殖し汗を分解していきます。

 

汗をかいたあとはニオイはしないのにだんだんと汗臭くなっていくということは汗を栄養にして雑菌がだんだんと増えてきたから・・・ということが原因です。

 

時間がある程度過ぎてからクサくなるということはこういうことからみたいですね。